JAで「マツシメジ」購入、すき焼きに入れて食べる…毒キノコだった

読売新聞 / 2019年11月6日 13時8分

石川県は5日、小松市の家族5人(4歳~60歳代)が「カキシメジ」とみられる毒キノコを食べ、嘔吐(おうと)や下痢などの食中毒症状を訴えたと発表した。このうち3人が入院したが、いずれも回復に向かっているという。 発表によると、一家は4日に「JAあぐり」(小松市日末町)でマツシメジと表示されたキノコを購入し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング