桜島で噴火、噴煙最も高い5500m…8合目付近まで噴石

読売新聞 / 2019年11月8日 23時42分

8日午後5時24分、鹿児島市・桜島の南岳山頂火口で爆発的噴火があり、噴煙が火口から5500メートルまで上がった。鹿児島地方気象台によると、噴煙の高さとしては1955年から残る記録の中で最も高い。5000メートルに達したのは2016年7月26日の昭和火口噴火以来3年ぶりで、南岳山頂火口では00年10月7日以来19年ぶり。 同気象台によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング