中間決算、製造業中心に相次ぐ減益…米中摩擦など影響

読売新聞 / 2019年11月8日 22時27分

東京証券取引所に上場する企業の2019年9月中間決算の発表が8日、ピークを迎えた。米中貿易摩擦や中国経済の減速による影響で、製造業を中心に最終利益で減益となる企業が目立っている。 8日は395社が中間決算を発表した。SMBC日興証券が7日までに中間決算を発表した1部上場企業855社(金融と電気・ガスを除く全体の64・4%)の業績を集計したところ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング