入居率低下レオパレス、「逆ざや」の79%…オーナーへの支払いが家賃収入上回る

読売新聞 / 2019年11月8日 22時42分

賃貸住宅大手のレオパレス21は8日、同社管理の物件の入居率が、10月末時点で79・49%だったと発表した。建物のオーナーに支払う金額が家賃収入を上回り「逆ざや」状態となる境界線の80%を下回った。2018年4月に天井裏の壁がないといった施工不良が発覚して以降、入居率は低下傾向で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング