写真

退職後は1か月以内の発行が義務になっている(写真はイメージ)

保育士5人中3人が退職した東京都目黒区の認可保育園「学栄ナーサリー八雲保育園」で、保育士らが源泉徴収票の発行を再々求めたにもかかわらず、運営会社が半年間も応じていなかったことが分かった。所得税法の第226条1項では、給与所得者には退職後1か月以内の発行が義務だとされている。運営会社の学栄(本部・中央区)は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング