ブラジルのルラ元大統領、1年7か月ぶりに釈放…右派政権との対立姿勢鮮明

読売新聞 / 2019年11月9日 17時33分

【リオデジャネイロ=田口直樹】収賄などの罪で昨年4月から収監されていたブラジルのルラ元大統領(74)が8日、約1年7か月ぶりに釈放された。国民の人気が高い左派のルラ氏は右派のボルソナロ政権と対立する姿勢を鮮明にしており、政治的な分断が深まる可能性がある。 ルラ氏は8日夕、収監先の南部クリチバの警察施設を出て、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング