井上尚弥が顔面2か所骨折で全治未定 ドネア戦で負傷

スポーツ報知 / 2019年11月9日 20時29分

プロボクシングWBAスーパー、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=が右眼窩(がんか)底と右鼻の下の2か所を骨折する重傷を負っていたことが9日、分かった。判定勝ちした元世界5階級制覇ノニト・ドネア(36)=フィリピン=とのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ決勝(7日)で負傷。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング