【独自】偽名で居酒屋に17人分予約、無断キャンセルで逮捕

読売新聞 / 2019年11月11日 17時19分

居酒屋の団体予約を無断でキャンセルしたとして、警視庁丸の内署が11日、東京都内の50歳代の男を偽計業務妨害容疑で逮捕したことがわかった。無断キャンセルによる飲食店の損害が社会問題化しているが、容疑者が摘発されるのは珍しいという。 捜査関係者によると、男は6月下旬頃、千代田区内の居酒屋に偽名を使って電話をし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング