日産の営業利益85%減、北米や欧州で不振…9月中間

読売新聞 / 2019年11月12日 19時45分

日産自動車は12日、2019年9月中間連結決算を発表した。本業のもうけを示す営業利益は前年同期比85%減の316億円と大幅に落ち込んだ。北米や欧州など主要地域で販売が不振だったためで、電動化や自動運転など次世代車に対応する研究開発費も重荷となった。最終利益は73・5%減の653億円だった。 4~9月の世界全体の販売台数は6・8%減の250万台だった。新型車の投入の遅れや世界的な需要低迷が響き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング