橋復旧に想定以上の時間、南阿蘇鉄道の全線復旧ずれ込む

読売新聞 / 2019年11月13日 7時21分

熊本地震で被災し、一部区間で運休が続く熊本県の第3セクター・南阿蘇鉄道(高森町)の全線復旧が、当初目標の2022年度中から23年夏頃にずれ込むことが分かった。関係者によると、鉄道橋の復旧に想定以上の時間がかかることが判明したという。 同鉄道は、高森(高森町)―立野(南阿蘇村)を結ぶ17・7キロのローカル線。16年の熊本地震で線路の流失やトンネルのひび割れが相次ぎ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング