「憲法の精神に反する」「宗教的儀式の要素強い」共産・社民が大嘗祭欠席へ

読売新聞 / 2019年11月13日 21時7分

共産、社民両党は、皇位継承に伴う伝統儀式「 大嘗祭 ( だいじょうさい ) 」(14日から)を欠席する。共産は「式典の性格が国民主権、政教分離という憲法の精神に反する」(小池書記局長)とし、社民は「宗教的な儀式の要素が非常に強く、皇室の私的な伝統行事として行うべきだ」(吉川幹事長)などとしている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング