星稜VS明徳、松井5敬遠以来27年ぶり激突 馬淵監督「弱いので胸を借ります」

スポーツ報知 / 2019年11月15日 8時0分

15日開幕する明治神宮大会に出場する高校10校、大学11校の監督、主将らが14日、明治神宮を参拝した。今夏の甲子園で準優勝した星稜(北信越・石川)は、15日の第2試合で明徳義塾(四国・高知)と対戦。星稜の4番・松井秀喜氏が5打席連続敬遠された92年夏の甲子園以来、27年ぶりに全国の舞台で激突する。“因縁の対決”を前にしても、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング