車は一時的に見えなくなるのに…「一時停止違反」で38人摘発

読売新聞 / 2019年11月16日 14時34分

群馬県警は15日、桐生市新里町大久保の市道交差点で6~9月に実施した一時停止違反の取り締まりに不手際があったと発表した。車が一時的に見えなくなるのに、違反と見なして摘発していた。38人に対し、違反点数を抹消し、1人あたり7000円の反則金(計26万6000円)を返還する。 発表によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング