新燃岳の噴火警戒レベル、2に引き上げ…気象庁

読売新聞 / 2019年11月18日 8時25分

気象庁は18日午前5時10分、宮崎・鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421メートル)の噴火警戒レベルを、1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げた。 新燃岳では、火口直下を震源とする火山性地震が増加しており、17日正午から18午前5時までに22回発生し、多い状態となっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング