マラソンは大通公園発着、組織委が札幌・北海道と合意

読売新聞 / 2019年11月18日 13時19分

札幌市で行う2020年東京五輪のマラソンと競歩について、大会組織委員会と札幌市、北海道との第2回実務者会議が18日、同市内で行われた。会議は非公開で、終了後、組織委は、発着点をいずれも大通公園(札幌市中央区)とする案を示し、市や道と合意したことを明らかにした。12月初旬の国際オリンピック委員会(IOC)理事会での承認を目指す。 組織委の森泰夫・大会運営局次長は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング