高井戸の年金機構本部、突然座り込んだ男性がナイフで自分の腹刺す

読売新聞 / 2019年11月19日 16時12分

19日午後1時40分頃、東京都杉並区高井戸西の日本年金機構本部の玄関付近で、来客の男性がナイフで自分の腹を刺したと、119番があった。救急隊員が駆けつけたところ、70歳代くらいの男性が腹から血を流しており、病院に搬送された。警視庁高井戸署によると、意識はあり、命に別条はないとみられる。 高井戸署幹部によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング