香港情勢に菅氏「自由で開かれた状況ではない」

読売新聞 / 2019年11月19日 22時13分

菅官房長官は19日の記者会見で、香港情勢について、日本が重視している「一国二制度のもと、自由で開かれた香港」が維持されていないとの認識を示し、デモ隊と警官隊の衝突で緊張が高まっていることに強い懸念を表明した。 日本政府は中国政府に対し、「一国二制度のもと、自由で開かれた香港」の維持を重視する考えを繰り返し訴えてきた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング