愛好家の惜しむ受けて…富士フイルム「白黒」販売再開

読売新聞 / 2019年11月21日 20時50分

富士フイルムは、白黒フィルムの販売を22日から再開すると発表した。昨秋に販売を終了したが、愛好家の惜しむ声を受けて見直した。 販売する「ネオパン100アクロス2」は、35ミリ・メートルサイズと中判のブローニーサイズの2種類。いずれも想定価格は税抜き950円前後で、従来品より白黒の濃淡がはっきりするようにした。 富士フイルムは1936年に白黒フィルムの生産・販売を始めた。原材料の代替品を調達したり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング