2年4か月、一般家庭に工業用水を給水…市長が直接訪問し謝罪

読売新聞 / 2019年11月22日 14時12分

茨城県古河市は21日、水道管の接続を誤り、市内の1世帯6人に約2年4か月にわたり工業用水を給水していたと発表した。工業用水には水道水のように滅菌のための塩素が入っておらず、市は今年8月に誤接続を確認した後、健康診断を受けてもらうなどして健康被害を調査している。 市水道課によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング