【独自】5Gインフラ輸出、日本企業の手薄な地域売り込みへ

読売新聞 / 2019年11月22日 7時21分

総務省は、次世代通信規格「5G」に関連したインフラ(社会基盤)輸出の支援策を強化する方針を固めた。日本の質の高い安定した通信インフラを官民一体で売り込む狙いがあり、来春をメドに具体的な行動計画をまとめる。まずは、高市総務相が22日、計画策定に向けた基本方針を発表する見通しだ。 基本方針では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング