セブンペイ不正アクセス、40店で160万円相当詐取か

読売新聞 / 2019年11月22日 12時10分

セブン―イレブン・ジャパンの決済サービス「セブンペイ」(廃止)を狙った不正アクセス事件で、警視庁が詐欺容疑で逮捕した中国籍の女の指示を受けた男(39)(詐欺罪で起訴)が、約40店舗でセブンペイに不正接続し、計約160万円相当の電子マネーを詐取していたことがわかった。警視庁が、不正接続する際に使った他人のIDやパスワードの入手先を調べている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング