スノボ元代表・国母和宏被告を保釈 保証金300万円納付

スポーツ報知 / 2019年12月3日 16時50分

大麻取締法違反などで起訴された元五輪スノーボード男子代表でプロスノーボーダーの国母和宏被告(31)が3日、保釈された。保釈保証金300万円を納付。東京地裁が保釈を認め、警視庁湾岸署を出た。◆国母和宏(こくぼ・かずひろ)1988年8月16日、北海道石狩市生まれ。登別大谷高―東海大3年。4歳からスノボを始め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング