藤井聡太七段、天才の頓死…初のタイトル挑戦目前で痛恨ミス、何が起きたのか

スポーツ報知 / 2019年12月3日 16時0分

あの1分間、天才少年の思考回路で何が起きていたのか―。11月19日、藤井聡太七段(17)が第69期王将戦挑戦者決定リーグ最終局で広瀬章人竜王(32)に敗れ、史上最年少でのタイトル挑戦を逸した。激闘の最終盤、勝勢の藤井は自玉の詰みを見落とす「頓死(とんし)」を犯して敗れ去った。各メディアが報じた「大逆転負け」の内実、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング