写真

画像はイメージ

日本野球機構(NPB)は2019年12月2日、保留者名簿から外れた自由契約選手133人を発表した。巨人ではアレックス・ゲレーロ外野手(33)、クリスチャン・ビヤヌエバ内野手(28)をはじめとする7人の外国人選手を含む10人が自由契約となった。巨人はすでにナショナルズからFAとなったヘラルド・パーラ外野手(32)の獲得を発表しており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング