万引き事件捜査で訪問中にドア隙間から黒煙…焼け跡から女性の遺体

読売新聞 / 2019年12月7日 23時56分

5日午前11時20分頃、群馬県伊勢崎市長沼町のアパートを万引き事件の捜査で訪ねた藤岡署員から、「煙が出ている」と119番があった。消防が消し止めたが、アパート3階一室のトイレや浴室など約20平方メートルを焼き、トイレから女性の遺体が見つかった。伊勢崎署は、事件関係者の高崎市の女性(45)とみて身元の確認を進めている。 同署の発表によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング