年越しそば生産「フル回転」…年出荷量の3割、年末に集中

読売新聞 / 2019年12月6日 10時47分

そば産地の北海道新得町で、お歳暮や年越し用のそばの生産が最盛期を迎えている。 同町の「新得物産」では、自社農場で栽培したそばを製粉・製麺し販売している。年間出荷量の約3分の1が11~12月に集中する。工場の乾燥室では、製麺したてのそばが天井からつるされ、ゆっくりとすだれのように回転。そばの風味が低温で24時間かけて閉じこめられるという。多い日には約2000箱を出荷していて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング