入所者をはねた園長、救急車呼ばず…「飛び出してきた」と虚偽説明も

読売新聞 / 2019年12月7日 15時2分

知的障害者入所施設「神戸光の村授産学園」(神戸市北区)で昨年4月、入所者の男性(42)がランニング中に、男性園長(56)の乗用車にひかれ、右足首の骨を折る大けがを負っていたことがわかった。園は事故後、救急車を呼んでおらず、市は「著しく不適切」として指導した。 6日の神戸市議会一般質問で川内清尚市議(こうべ市民連合議員団)が明らかにした。 関係者によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング