九州新幹線の線路内に倒れた人…すでに死亡、1本前の車両と接触か

読売新聞 / 2019年12月9日 11時7分

8日午前11時50分頃、九州新幹線新八代駅(熊本県八代市)付近で、線路内に人が倒れているのを鹿児島中央発博多行き「つばめ322号」(8両編成)の車掌が発見した。倒れていたのは男性ですでに死亡していた。 熊本県警八代署の発表によると、男性は同駅の手前約110メートルの地点に倒れていた。損傷が激しく、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング