WADA、東京五輪・パラ含む4年間ロシアを除外…「ごまかしと否定続けてきた」

読売新聞 / 2019年12月9日 20時53分

【ローザンヌ(スイス西部)=杉野謙太郎】世界反ドーピング機関(WADA)は9日、スイスのローザンヌで臨時常任理事会を開き、ロシアが組織的ドーピングに絡むデータを改ざんしていたとして、2020年東京五輪・パラリンピックを含むスポーツの主要大会から4年間、ロシアを除外する処分を全会一致で承認した。ロシアは東京大会への国としての参加を禁じられたが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議申し立てができる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング