災害ごみから現金37万円、作業員が持ち去る…届け出拒否し走り去る

読売新聞 / 2019年12月10日 20時3分

災害ごみの中から見つかった現金を盗んだとして、千葉県警茂原署は9日、千葉市花見川区の男(59)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。 発表によると、男は9日午前、長南町米満の旧豊栄小学校に設けられた災害ごみの仮置き場で、分別作業中に見つけた現金37万円を盗んだ疑い。容疑を認めているという。 現金は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング