「ウラン」購入の高校生ら書類送検へ…「精製」し販売も

読売新聞 / 2019年12月10日 8時18分

放射性物質「ウラン」がインターネットオークションで売買された事件で、警視庁は近く、購入した東京都内の10歳代の男子高校生ら2人を原子炉等規制法違反(譲り受け)などの容疑で、出品した男を同法違反(譲渡)容疑でそれぞれ書類送検する方針を固めた。 捜査関係者によると、高校生ら2人は2017年11月~18年頃、それぞれネットオークションを通じ、天然ウランや劣化ウランの粉末を出品者の男から購入した疑いが持たれている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング