顧客などからの理不尽な要求や恫喝であるカスタマーハラスメント(カスハラ)によるトラブルが増えている。中には精神障害や体調不良を起こすケースもあり、厚生労働省の調べでは、過去10年でカスハラによる労災認定が78人。うち24人は自殺にまで追い込まれていた。「お前みたいな人間、生きる価値がない」と4時間説教 結婚式場では新婦の父親から「契約書の字が汚い」「花嫁の手紙でスタッフが泣かなかった」などの非常識なクレームが。ガソリンスタンドでは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング