景品取れないクレーンゲーム機、運営会社が4100万円脱税容疑

読売新聞 / 2019年12月11日 7時30分

景品が絶対に取れないよう細工したクレーン型ゲーム機を置くゲームセンターを運営していた「アミューズメントトラスト」(大阪市浪速区)と同社の男性社長(35)について、大阪国税局が法人税など計約4100万円を脱税したとして、法人税法違反容疑などで地検に告発していたことがわかった。重加算税を含む追徴税額は計約5500万円に上る見込みで、同社はすでに修正申告して一部を納付したという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング