東洋の魔女にパワハラはなかった

スポーツ報知 / 2019年12月11日 14時1分

大分県で起きた小学生女子バレーボールチームの体罰問題について、元バレーボール全日本男子で参院議員の朝日健太郎氏がテレビ番組で、バレーに体罰発生率が高いのは「東洋の魔女時代に始まったスパルタ」も原因と指摘したが、直後から、関係者から「それは違う」という電話を何本かいただいた。どれもが、朝日氏の意見を否定するものだった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング