写真

試合会場となった釜山九徳スタジアム

中国代表の危険なプレーに波紋が広がった。東アジア王者を決めるサッカーのEAFFE-1選手権初戦で、日本代表MF橋岡大樹の頭部に、中国選手の足裏でのキックが当たった。判定はイエローカード(警告)だったが、インターネット上では「一発レッドカード(退場)じゃないのか」と疑問の声が渦巻いた。 なぜ退場処分とならなかったのか。審判資格の取得経験があるサッカージャーナリスト・石井紘人氏はJ-CASTニュースの取材に「私はレッドカードにすべきだったと思う」とするものの、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング