盗まれたクリムトの絵画か、23年ぶりに同じ美術館で発見

読売新聞 / 2019年12月12日 11時6分

約23年前にイタリアの美術館から盗まれたオーストリアの画家グスタフ・クリムトが描いたとみられる作品が、同じ美術館で見つかった。 伊北部ピアチェンツァのリッチオッディ美術館に展示されていた「婦人の肖像」で、6000万ユーロ(約73億円)の価値があるとされている。伊メディアによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング