風車から「火が出ている」通報、管理企業「故障で回転制御できない」

読売新聞 / 2019年12月13日 9時13分

12日午前11時50分頃、北海道上ノ国町羽根差の風力発電施設で「風車が高速で回転し、火が出ている」と通行人から110番があった。江差署によると、火は自然鎮火したが、風車の羽根の根元が一部焼損するなどした。同署は、風車の部品が落下する危険性があると判断し、付近の国道228号を約1キロ通行止めにした。 同署によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング