米、中距離ミサイルの発射実験に成功…日本配備も検討

読売新聞 / 2019年12月13日 10時17分

【ワシントン=海谷道隆】米国防総省は12日、地上発射型の中距離弾道ミサイルの発射実験を行い、成功したと発表した。射程500~5500キロ・メートルの核弾頭や通常弾頭を搭載した地上発射型ミサイルの廃棄を定めた米露間の中距離核戦力(INF)全廃条約が8月に失効したことを受け、中距離ミサイル開発を推進する姿勢を鮮明にした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング