元阪急戦士・高井保弘さんが74歳で死去…代打本塁打通算27発の世界記録、DH制導入のきっかけを作る

スポーツ報知 / 2019年12月13日 17時54分

日本だけで、メジャー記録を超える通算27本の代打本塁打を記録し、阪急の黄金時代を支えた高井保弘(たかい・やすひろ)さんが13日午前9時44分、腎不全のため西宮市内の病院で亡くなった。74歳。高井さんは今治西高から1964年に阪急入り。ウエスタン・リーグでは首位打者、本塁打王などの活躍を見せていたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング