桃田賢斗、4年ぶりのファイナル制覇へ王手! 決勝はインドネシアの強敵と

スポーツ報知 / 2019年12月14日 20時31分

◆バドミントンワールドツアーファイナル第4日(14日、中国・広州)男子シングルス準決勝で、世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)は、同19位の王子維(台湾)を21―17、21―12で下し、2年連続の決勝に進んだ。桃田が4年ぶりのファイナル制覇に王手をかけた。第1ゲームは競り合いが続く展開。18―17から、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング