日本は8位 自力での五輪出場権獲得は厳しい状況に W杯男子フルーレ団体戦

スポーツ報知 / 2019年12月15日 20時3分

◆フェンシング高円宮杯W杯東京大会(15日、千葉・幕張メッセ)2020年東京五輪のテスト大会を兼ねて男子フルーレの団体戦が行われ、五輪出場権に関わる19年4月以降の世界ランクで7位の日本(松山恭助、西藤俊哉、敷根崇裕、鈴村健太)は2回戦で同2位のフランスに29―45で完敗し、順位決定戦に回った。順位決定戦でも同5位の香港に39―45で競り負け、同10位の中国にも42―45で敗れて8位。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング