宇高航路109年の歴史に幕…「感謝の気持ち」特別に長い汽笛で別れ

読売新聞 / 2019年12月16日 9時6分

宇野港(岡山県玉野市)と高松港(高松市)を結ぶ宇高航路で唯一運航していた四国急行フェリーが15日、最後の航行を終えた。これにより本州と四国の海の大動脈だった宇高航路は、109年の歴史に幕を閉じた。 大勢の人が乗り込んだ最終便は、午後7時50分頃に高松港を出航。「感謝の気持ちを込めた」(同フェリー)という特別に長い汽笛が鳴ると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング