デモ参加の市民148人虐殺を指揮…米、イラン准将を制裁対象に指定

読売新聞 / 2020年1月18日 21時8分

【ワシントン=横堀裕也】米国務省のブライアン・フック・イラン担当特別代表は17日の記者会見で、昨年11月に起きた反政府デモに参加していた市民148人の虐殺を指揮したとして、イラン革命防衛隊の准将を制裁対象に指定したと発表した。家族も含めて米国への入国を禁止する。 イラン各地で続く反政府デモを巡り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング