私的な飲食代を神社会計で支払い、宮司に異例の退職勧告…宮司は拒否

読売新聞 / 2020年1月19日 9時11分

北海道で最古の祭りが行われることで知られる 姥神 ( うばがみ ) 大神宮(江差町)の宮司に対し、北海道神社庁が不適切な経理があったなどとして退職を勧告していたことがわかった。勧告は、氏子から選ばれる責任役員の訴えを受けたものだが、宮司は拒否し、対立が1年半以上続く異常事態になっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング