【独自】京急の羽田駅、輸送力増強…電車や飛行機止めずに工事

読売新聞 / 2020年1月20日 7時13分

国土交通省は、訪日外国人の利用が急増する羽田空港と都心をつなぐ鉄道輸送を強化するため、空港地下にある京浜急行電鉄のターミナル駅を改修する方針を固めた。約300億円をかけ、車両が待避するための線路を約330メートル延長し、輸送力を約25%高める。品川駅で接続するリニア中央新幹線が開業予定の2027年以降の運用を目指す。 京急空港線の終点である羽田空港国内線ターミナル駅は現状では2編成しか待機できない。線路を延長して最大4編成が待機できるようにし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング