“プリンセスメグ”栗原恵さん、現役時代に脳血栓にかかっていたことを初告白

スポーツ報知 / 2020年1月19日 19時52分

昨年6月に現役を引退した元バレーボール女子の04年アテネ、08年北京両五輪代表のスパイカー・栗原恵さん(35)が19日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」(日曜・後7時)に出演。現役時代に脳血栓にかかったいたことを初告白した。栗原は2016年9月に体調不良との理由で休養をとっていたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング