波紋広がる歴史的大ピンチ「サイン盗み問題」

スポーツ報知 / 2020年1月20日 11時0分

収束に向かうどころか、波紋は広がる一方だ。キャンプインを1か月後に控えた時期に、わずか4日間でGM1人、監督3人が解任されるという異常事態を引き起こしたサイン盗み問題。現地メディアの中には8選手が八百長に連座して永久追放処分を受けた、いわゆる1919年の「ブラックソックス事件」に匹敵するMLB史上最悪のスキャンダルとも位置づけするところもあり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング