遮断機下りず警報鳴らず、踏切5か所を電車通過

読売新聞 / 2020年1月21日 10時13分

山陽電鉄は20日、兵庫県明石市の東二見―山陽魚住駅間で、始発の上り普通電車1編成(3両、乗客なし)が、遮断機が下りず、警報機が鳴らない状態の踏切5か所を通過したと発表した。事故やけが人はなかった。 発表によると、同社は20日午前1時前から、東二見駅構内で配線などの工事をするため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング