「真珠の返礼品」復活、寄付額4億円超に倍増へ

読売新聞 / 2020年1月21日 14時54分

三重県鳥羽市は20日、2019年度のふるさと納税の寄付額が前年度から倍増し、4億円を上回る見込みだと発表した。約2年ぶりに返礼品としての取り扱いを再開した真珠製品が呼び水になっているといい、志摩市でも同様に寄付額が急増している。 総務省は17年4月、豪華な返礼品を自粛するよう自治体に通知。真珠製品も「資産性が高い」と指摘され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング