新型肺炎の死者6人に、武漢市への出入り一部制限…「海鮮市場」は24時間監視

読売新聞 / 2020年1月22日 7時29分

【上海=南部さやか】中国湖北省武漢市を中心に多発する新型コロナウイルスによる肺炎で、武漢市政府は21日、武漢への出入りを一部制限すると発表した。中国政府の専門家チームが、新型ウイルスの人から人への感染を確認したことを受けた措置だ。市政府はまた、新たに3人の死亡を公表、死者は計6人となった。 中国政府の21日午後6時の発表によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング